外壁塗装・防水工事は大阪を中心に近畿園で実績のある当社にお任せ下さい。          
   

防水工事

◆ 塗膜防水工事

FRP(ガラス繊維を染み込ませたプラスチック樹脂)ウレタン樹脂を吹き付けたり、
塗りつけて防水塗膜を作ります。

FRP
は、
他の防水工法よりも高い耐久性と防水性を併せ持っています。
費用は若干高くなりますが、紫外線や温度変化にも強く、現在頻繁に使用されて
いるお勧めの工法です。

万が一、亀裂が生じてもその箇所のみの補修が出来るメリットがある。

ウレタン樹脂は、弾力性があるため、ひび割れにも強いのが特徴です。
屋上やバルコニーによく使われる塗装防水です。
改修工事や防水の補修に使用されることが多い工法です。
比較的、安価というメリットがあります。
FRPとは、Fiber(繊維)Reinforced(強化)Plastics (プラスチック)の略の事です。 

◆ アスファルト防水工事
アスファルトルーフィング(アスファルトとポリエステル繊維でできた防水シート)を、溶解したアスファルトで貼り付け、防水層を作る工法です。
重ねて張りあわせることで、厚く隙間のない防水皮膜を作ります。
信頼性が高く、鉄骨・鉄筋コンクリートの建物に多く使われている実績があります。

◆ シート防水工事
塩ビやゴムのシートを貼り付け、防水層を作る工法です。
塩ビを使用した(歩行用)とゴムを使用した(非歩行用)があります。
施工箇所に応じて素材を使い分けますので、さまざまな箇所の防水に使用できます。
塩ビのシート防水材は摩耗に強く、耐候性に優れている為、屋上等の防水によく使用されています。

防水の必要性
鉄筋コンクリート構造物は初期硬化により僅かながらクラック(ひび割れ)が存在しています。最初はまったく影響ありませんが、年月と共にその微小なクラックが大きくなっていき、漏水の原因になります。 漏水すると建物内部に損害をもたらすだけでなく、建物の耐久性能が著しく低下します。 
特に鉄筋コンクリート構造物においては定期的な防水工事が必要になるのです。


防水工事をしている箇所の補修

既存の防水層の上に、新たな防水層を重ねることもできます。
ウレタンの塗膜防水なら重ね塗りも可能で、長期的な維持コストも削減する事が出来ます。

防水の耐久性
一般的には1015年です。防水工法や立地環境により変わります。
建物自体に損傷が無いうちに、早めに点検・補修を行なうのが、建物の高寿命とコストダウンにつながります。

 

Copyright (C) 2010 ビル・マンション塗装・防水工事の(株)あさひ建装 All Rights Reserved.